IN THIS LIFE  ~音楽と映画と海外ドラマをこよなく愛する2児mamaブログ

好きな音楽の事などを中心に書いております! I write mainly about my favorite music! HAVE FUN

Heather Nova ヘザー・ノヴァ 『South』(2001年)

 『South』(2001年)

  バミューダ出身のシンガーソングライター、Heather Nova (ヘザー・ノヴァ)の前作『Siren』より約3年振りとなる4thアルバム。

サウス

サウス

 

今作の レコーディングは主にロンドンでヘザーのツアーバンドと共に行われました。

(ボーナストラックを除く)13曲中10曲を1stアルバムからの付き合いとなるFelix Tod(フェリックス・トッド)がプロデュースしています。

「Virus Of The Mind」は、XTCやロビン・ヒッチコックの作品に関わってきたPaul Fox(ポール・フォックス)がプロデュース。

ドイツ映画のサントラに提供された「Gloomy Sunday」を、D.F.Petersen(D.F.ピーターセン)がプロデュース。

「Like Lovers Do」は、最初にイヴ・ニールソンとNYでレコーディングし、それをロンドンに持ち帰り、バックコーラスも務めるブライアン・アダムスと仕上げました。
その為、クレジットにはイヴ・ニールソンとブライアン・アダムスの共同プロデュースとなっています。

「I'm No Angel」では元スウェードのバーナード・バトラーとコラボレート。

プロデューサーのFelix Todが、バーナードと仕事をしたことがきっかけで、一緒に曲を書き、レコーディングされることとなりました。

「Heaven Sent」は、他のバンドとのレコーディングの為訪れたスウェーデンで、ピーター・ケヴィントとサイモン・ノルドバーグと一緒に書いています。

 

ギターを弾きながら満面の笑みを見せるヘザーのジャケット写真!
今まではクールな雰囲気のジャケ写が多かったので、今回は少し明るくなった前作『Siren』よちもよりもさらに明るめの作品に仕上がっているのか....!???

 

早速聴いていきましょう(^^♪

 

 「If Saw You In A Movie」

オープニング・トラック。
冒頭はさざ波の音...。そして...サウンド・曲調ともに、あ、明るい!!
ヘザーらしいハイトーンボイスは健在!!

youtu.be

 

Talk To Me」

ミディアム・ナンバー。
こちらもサウンド・ヴォーカルともに、爽やかでPOPです!

youtu.be

 

「Virus Of The Mind」

ラップ調のメロディラインが印象的なポップな1曲。
とぅるるっるっるる~るるる♪

youtu.be

 

「Like Lovers Do」

ロディアスなミディアムスローナンバー。

youtu.be

 

「Waste The Day」

ヘザーの優しい歌声が心地良い1曲。

youtu.be

 

「Heaven Sent」

アップテンポながら、メランコリックな雰囲気の1曲。
今までのヘザーらしさも感じられる1曲。

youtu.be

 

「It's Only Love」

エモーショナルでしっとりした雰囲気のスローナンバー。

youtu.be

 

「I'm No Angel」

冒頭の近未来的な(!?)サウンドが印象的なアップテンポなPOPナンバー!
手拍子的な音も取り入れられている、今までの暗いヘザーには考えられなかったポジティヴサウンドにも注目です!

youtu.be

 

「Help Me Be Good To You」

ベースの低音が耳に残るメランコリックなスローナンバー。

youtu.be

 

「When Somebody Turns You On」

こちらもポップな雰囲気の曲(^^♪

youtu.be

 

「Gloomy Sunday」

暗い日曜日”のカヴァー。ドイツ映画のサントラに提供されたという1曲。
色々なアーティストに歌われていますが、ヘザーもとても素敵なヴォーカルを聴かせてくれます!

youtu.be

 

「Tested」

アコギメインのシンプルなアレンジの1曲。

youtu.be

 

「Just Been Born」

ラスト・トラック。
イントロから不穏なサウンド...。
こういう物々しい雰囲気の曲もヘザーならでは。

youtu.be

「Man In The Ocean」
ボーナストラック

 

 1st、2ndアルバムとも、ダークで陰鬱で、辛気臭さが半端なかったヘザーが、3rd『Siren』で少し明るくなってきたかなという印象でしたが、4thアルバムの今作『South』で、さらに明るくポップに変化していました!
この変化を歓迎するリスナーも、初期の頃のような陰鬱でダークなヘザーを期待していたリスナーもいるかもしれません。。。
私はこの変化は、ヘザーにとって良かったのではと思っています。
1st、2ndみたいな陰鬱な作品ばっかり長年書いたり歌ったりしていたら、とてもじゃないけどヘザーの精神面が心配になっていしまいます…。
因みに、このアルバム以降ヘザーのアルバムは国内盤が出たり出なかったりしていた事もあり、聴けていません(泣)
久しぶりに『South』を聴いていたら、ヘザーのまだ聴いていない作品も聴きたくなったので、近々ご紹介できたらと思います。
South』は、 明るい曲調も多い中、「Tested」「Just Been Born」はヘザーの真骨頂であるダークな雰囲気を湛えております。

アルバム全体としては、 ヘザーの美しいハイトーン・ボイスと、より明るくリラックスした雰囲気のヘザーを堪能できる1枚となっていますので、是非チェックしてみて下さいね!(#^^#)

 底抜けに暗い曲も聴きたくなる事もあると思いますが、POPで心地良い作品も箸休め程度でも良いので聴いてください…。(*^^*)

 

 

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村