IN THIS LIFE  ~音楽と映画と海外ドラマをこよなく愛するmamaブログ

好きな音楽の事などを中心に書いております! I write mainly about my favorite music! HAVE FUN

SR-71 『Now You See Inside』(2000年)

 『Now You See Inside』(2000年)

 

 アメリカのロックバンド、SR-71のデビューアルバム。

ナウ・ユー・シー・インサイド

ナウ・ユー・シー・インサイド

  • アーティスト:SR-71
  • 発売日: 2000/10/25
  • メディア: CD
 

 

<メンバー> ※1stアルバム時

Mitch Allan(ミッチ・アラン)…vo,g
ソングライティングの殆どを手懸ける。
影響を受けた音楽は、ビートルズ、チープ・トリック、キッス、クイーン、ポリス、AC/DCセックス・ピストルズなど。
1stアルバム時27~28歳。

Dan Garvin(ダン・ガーヴィン)…ds,per,vo
2001年迄在籍後脱退

Jeff Reid(ジェフ・リード)…b,vo
肺癌を患い、2003年迄バンドに在籍した後、2004年に死去。

Mark Beauchemin(マーク・ビューチェミン)…g,key,vo
2003年迄在籍後脱退。

 

アメリカ合衆国メリーランド州ボルチモアで結成された。
当初、HONOR AMONG THIEVESと名乗っていたが、その後時間の経過と比例しながら自分達の音楽性が変化し、音楽そのものが大きく成長しつつあるのを実感したことを期に、SR-71と改名する。
バンド名SR-71とは、アメリカ空軍戦略偵察機の名前である。
バンド名は「メンバー4人の共通点は何か」という着想から生まれたもので、なんとメンバー全員の父親がアメリカ空軍関係の仕事に携わっていたからだそう。
さらにこのSR-71機は、通称が”ブラックバード”といい、彼らの好きなビートルズのタイトルと同じだった為、”こりゃ完璧なバンド名だ!”ってことになったそうです。

 

本作『Now You See Inside』は、デヴィッド・ベンデス(アンダーオース、キルスウィッチ・エンゲイジ )、ギル・ノートン(フー・ファイターズピクシーズ)、ジョン・シャンクス(アンリトゥン・ロウ、ジェーンズ・アディクション)がプロデュース!

 

<discography>

1st『Now You See Inside』(2000)

2nd『Tomorrow』(2002)

3rd『Here We Go Again』 (2004年)

 

現在、リード・ヴォーカルのミッチ・アランは、デミ・ロヴァート、マイリー・サイラス、フィフス・ハーモニー、ケリー・クラークソンシンプルプラン、フェイス・ヒル、セレーナ・ゴメス、ジョナス・ブラザーズ等、数々のアーティストを手懸ける、ソングライター・プロデューサーとしても活躍しているようです。

 

「PoLitically Correct」

2ndシングル。
アップテンポでノリの良いロック・チューン!!

youtu.be

 

「Right Now」

1stシングル。
ポップでパンキッシュなロックナンバー!!
80年代のロックファンにもお勧めしたい1曲!!

youtu.be

 

「What A Mess」

ロディアスなロック。

youtu.be

 

「Last Man On The Moon」

心地良いロックサウンドは如何ですか??(#^^#)

youtu.be

 

「Empty Spaces」

3rdシングル。
エモーショナルなロックバラード。

youtu.be

 

「Another Night Alone」

メロウなロック。

youtu.be

 

「Alive」

アコースティックギターのイントロが切ない雰囲気のバラード。

youtu.be

 

「Fame(What She's Wanting)」

冒頭のコーラスが印象的な1曲。

youtu.be

 

「Go Away」

心地良いミディアム・ナンバー。

youtu.be

 

「Non-Toxic」

歌詞に”クリプトナイト”(DCコミックのスーパーマンに登場するスーパーマンの弱点として知られる架空の物質)が出てきたりします。
ミディアムテンポのロック・ナンバー♪

youtu.be

Paul McCartney

彼らが好きなビートルズポール・マッカートニーをタイトルにした曲。
ロディアスな1曲に仕上がっている。

youtu.be

「Right Now(Acoustic)」
ボーナストラック

 

「Last Excuse(Demo)」

ボーナストラック

 

輸入盤のジャケ写は日本盤のものと違うようですが、この日本盤ジャケットを見る限り、アイドルバンドか…??
アイドルバンド=なよなよした中途半端なロック...??
かと思いきや、、、かなりロックしているし、メロディも良し!!
そしてヴォーカルもなかなか貫禄があってめちゃくちゃカッコイイではないかッ!
80年代アメリカのロック・ヴォーカリストっぽい雰囲気(声・歌い方)があり、その辺りのロックが好きな方にもおススメです(*^^*)
バンドは2007年に無期限休止となっているようですが、ヴォーカルのミッチはソングライターやプロデューサーとして今現在も活躍しているようです。
迫力のある声をしているので、裏方だけでは勿体ない!!
またヴォーカリストとしてカムバックして欲しいものです(*^^*)

現在はこの1stアルバム時のミッチ以外のメンバーは全員入れ替わってしまいました。
ベースのジェフは肺癌で2004年に亡くなっていたそうで、若かったのに本当に残念です…。
SR-71のアルバムはこれしか聴いていないのですが、改めて聴き直したら他のアルバムも聴きたくなりました。(*^^*)
また機会があれば他のアルバムも紹介できればと思っています!
ロックでポップでメロディアスな本格ロックが聴けるSR-71の1stアルバム、是非チェックしてみてください(*^^*) 
兎に角、超キラー・チューンの「Right Now」は必聴モノです!!

 

ナウ・ユー・シー・インサイド

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村