IN THIS LIFE  ~音楽と映画と海外ドラマをこよなく愛するmamaブログ

好きな音楽の事などを中心に書いております! I write mainly about my favorite music! HAVE FUN

Still Corners(スティル・コーナーズ) 来年1月発売のニュー・アルバムからの2ndシングル「Crying」MV公開!!

イギリス・ロンドンで結成されたドリームポップ・デュオ、Still Corners(スティル・コーナーズ)が、2021年1月22日にリリース予定のニュー・アルバム『The Last Exit』からの2ndシングル「Crying」のミュージック・ビデオを公開しました!

 

f:id:inthislife:20201028022144j:plain

 

10月27日にリリースされたばかりの新曲「Crying」、早速チェックしてみましょう!

 

Still Corners - Crying (Official Video)

youtu.be

 

Crying is the second single from the forthcoming album from Still Corners, The Last Exit which is out on 22nd January 2021.

Heartache and hope wind their way through Still Corners gorgeous new song "Crying", written during the pandemic. Tessa says, "The only constant in life is change, this song is about a breakup during a difficult time but it's also about coping with a fast moving uncertain world. Our video shows the immense universe and inevitable change of the seasons. Everything is in flux and that's the only thing that is certain." With spacious drums, acoustic and lap steel guitar and an intimate, bittersweet vocal, 'Crying' reminds you that all things will eventually pass.

 

 【Google翻訳

Cryingは、2021年1月22日にリリースされるStill Corners、The LastExitの次のアルバムの2番目のシングルです。

パンデミックの最中に書かれたスティル・コーナーズのゴージャスな新曲「Crying」に心の痛みと希望が吹き荒れます。テッサは、「人生の唯一の不変は変化です。この曲は困難な時期の崩壊についてですが、動きの速い不確実な世界への対処についてもです。私たちのビデオは、広大な宇宙と季節の避けられない変化を示しています。すべてがフラックスとそれが確かな唯一のことです。」広々としたドラム、アコースティックとラップのスティールギター、そして親密でほろ苦いボーカルを備えた「Crying」は、すべてが最終的には通過することを思い出させます。

 

MVでは、トランプをしたりくつろいだり読書をしたり物思いに耽ったりするテッサ(Vo)と、星空や川、花や木などの自然の映像も美しいものとなっています。

 

新アルバムからのタイトル・トラック、「The Last Exit」も公開されていますので併せてチェックしておきたいところです(*^^*)

 

The Last Exit (Official Video)

youtu.be

 

The Last Exit is the final chapter of the Still Corners Road Trilogy.

What began with The Trip and was followed by The Message concludes with The Last Exit. The video, inspired by the 1975 film Picnic at Hanging Rock, finds Tessa pulled into the mysterious rocks of Joshua Tree. Tessa explains:

"In a world where everyone thinks all the corners of the map are filled in we like to suggest there's something beyond that, something eternal in the landscape and in our psyche. Maybe you don't see it every day but it's there and that's what we are trying to connect to."

With a galloping beat, teardrop vocals and the silver-tone guitar the band has become known for, The Last Exit races down a lonely highway to destination unknown. Beautifully crafted with a grand piano ending, The Last Exit will remind you of another world beyond the one you see.

 

Google翻訳

最後の出口は、スティルコーナーズロードトリロジーの最終章です。

The Tripで始まり、The Messageが続いたものは、The LastExitで終わります。 1975年の映画「ピクニックatハンギングロック」に触発されたこのビデオでは、テッサがジョシュアツリーの神秘的な岩に引き込まれています。 テッサは説明します:

「誰もが地図の隅々まで埋められていると思っている世界では、それを超えた何か、風景や精神の中に永遠の何かがあることを提案したいと思います。たぶん、毎日は見えませんが、そこにあり、それが何です 接続しようとしています。」

ギャロッピングビート、ティアドロップボーカル、そしてバンドが有名になったシルバートーンのギターで、最後の出口は未知の目的地への孤独な高速道路を駆け抜けます。 グランドピアノのエンディングで美しく細工された最後の出口は、あなたが見ているものを超えた別の世界を思い出させます。

 

 

モダンなサウンドのドリーム・ポップですが、どこか懐かしさを感じさせる心地良いメロディと、テッサのアンニュイで儚げな歌声が魅力的なStill Cornersの音楽(*^^*)
ニュー・アルバムは来年1月とまだ先ですが、彼らの過去作品を聴いてじっくりと待ってます(*^^*)

 

<discography>
Creatures Of An Hour』(2011)
Strange Pleasures 』(2013)
DEAD BLUE』(2016)
Slow Air』(2018)

 

Creatures of An Hour Strange Pleasures [帯解説 / 歌詞対訳 / ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (TRCP120) 
DEAD BLUE Slow Air

 


音楽(洋楽)ランキング

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村