IN THIS LIFE  ~音楽と映画と海外ドラマをこよなく愛するmamaブログ

好きな音楽の事などを中心に書いております! I write mainly about my favorite music! HAVE FUN

The Corrs ザ・コアーズ 『Borrowed Heaven』(2004年)

 『Borrowed Heaven』(2004年)

アイルランドの4人組兄妹バンド、The Corrs の前作『In Blue』より約3年10ヶ月振りとなる4thアルバム。

Borrowed Heaven

Borrowed Heaven

 

今作『Borrowed Heaven』は、アルバムの統一感を出すために、複数ではなく、一人のプロデューサーを単独で起用。
プロデューサー:Olle Romo(オレ・ロモ)を起用した今作は「Summer Sunshine」「Angel」のようなポップ・ソングから、「Long Night」などのしっとりとした曲までコアーズの魅力を最大限に引き出している。
アルバムタタイトル曲「Borrowed Heaven」では、南アフリカ最高のコーラス・グループであるレディー・スミス・ブラック・マンバーゾとも共演。
アンドレア・コアーがソロで歌い、U2のボノらが書き下ろした映画『イン・アメリカ/三つの小さな願いごと』の主題歌を再レコーディングし、コアーズのヴァージョンとして収録!!

 

「Summer Sunshine」

1stシングル。
爽やかなでメロディラインも心地良いポップ・ソング。

youtu.be


「Angel」

2ndシングル。
メランコリックな歌い出しからの、サビでは一転、明るい曲調のポップチューン。
コアーズ兄妹の亡き母親について書かれた1曲。

youtu.be


「Hideaway」

サビでは伸びやかなアンドレアの歌声が印象的なミディアム・ナンバー。

youtu.be


「Long Night」

3rdシングル。
コーラスが美しいバラード曲。
間奏のバイオリンの音色も心に響きます…。

youtu.be


「Goodbye」

4thシングル。
中盤~終盤にかけてのバイオリンのメロディにうっとりしてしまう(*^^*)

youtu.be


「Time Enough for Tears 」(Bono, Gavin Friday, Maurice Seezer) 

もともとはジム・シェリダン監督による『イン・アメリカ/三つの小さな願いごと』の主題歌用に、アンドレアがソロでレコーディングした曲。
ソングライティングを手懸けたのは、U2のボノ、そして映画音楽を担当したギャヴィン・フライデー(アイルランドポスト・パンク・バンド、ヴァージン・プルーンズの元ヴォーカリスト)とピアニストのモウリス・シーザー。
ギャヴィンとモウリスは共同で数々のスコアを手懸け、『バスキア』『ロミオ+ジュリエット』『ムーラン・ルージュ』などのサントラにも楽曲提供をしている。
アンドレアのソロ・ヴァージョンの後半をデュエットしているのも、ギャビン・フライデー。
今作ではオレ・ロモが新しいバッキング・トラックを作り、コアーズのヴァージョンに作り変えて収録されました。
アンドレアの優しいヴォーカルに聴き入ってしまう1曲。

youtu.be


「Humdrum」

クラッチを取り入れたサウンドが新鮮な1曲。

youtu.be


「Even If」

軽やかなポップチューン。
中盤からのケルティックサウンドも美しい。

youtu.be


「Borrowed Heaven」

アルバムタイトル曲でもありますが、アルバム中でも異色な雰囲気を放っている。
後半部分のコーラスでは、南アフリカア・カペラ・コーラス・グループ、レディスミス・ブラック・マンバーゾ。
ポール・サイモンの『グレイスランド』(1986年)に参加して以来、世界各地で公演を行ってきたグループ。
彼ら2組の共演は、2003年11月29日に南アフリカケープタウンで4万人の観客を集めて行われたネルソン・マンデラの提唱するAIDS撲滅基金の為のチャリティ・イベント”46664(フォー・ダブル・シックス・シックス・フォー)コンサート”でも実現していたもの。
アイリッシュ・ミーツ・アフリカン。

youtu.be


「Confidence for Quiet」

ポップ・ロック調の1曲。

youtu.be


「Baby Be Brave」

哀愁を湛えたイントロ。メランコリックなメロディラインがツボ。
ジム曰く、「クラシックな曲作りをしたんだけど、同時にエミネムっぽい音要素もちょっと意識した。仕上がりはわかりづらいかな?」

youtu.be


「Silver Strand」
ラスト・トラックで、インストゥルメンタル
非常に流麗で美しいメロディ…。

youtu.be
「Miracle」

 ボーナス・トラック。

 

キャッチーで軽やかな曲が多かった前作『In Blue』より落ち着きのある印象の今作。
コアーズらしいポップソングは勿論、「Time Enough for Tears 」「Borrowed Heaven」のような新しいタイプの曲もあり、音楽の幅もグッと広がった作品になっています!
ラスト・トラックのインストゥルメンタル「Silver Strand」は個人的にお気に入りの1曲で、とても感動的な素晴らしいケルトサウンドを堪能できますので聴いてみて下さい(*^^*)

 

 

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村